HOME | 技術情報 | 製品ご選定の前に

技術情報

 

製品ご選定の前に

計測原理や基本的な内容などをご紹介しています。
流量計をご選定いただくまえに、下記をご覧のうえご活用下さい。

安全上のご注意

この安全上の注意をよくお読みの上、正しくご使用下さい。
本書では安全上においての表示を下記の通り表記いたします。
内容を良く理解された上で本文をお読み下さい。
 

警告

カタログや取扱い説明書に記載されているこの表示を無視して誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示します。

 

警告

安全が要求される用途への使用(医療機関、飲料、食料、車両等)の際は弊社へご連絡下さい。

使用材質、機能、使用条件等が不適切ですと事故を引き起こす可能性があります。

製品により使用条件(耐圧、耐熱、流体等)が異なりますので、設計時の仕様でご使用下さい。

異なった条件で使用しますと機器本来の性能が維持できず、破損等の原因となります。

機器の取りつけは水平、垂直とし、設置後も衝撃を与えないで下さい。

傾きや衝撃があると流量精度の悪化となります。

爆発性ガスの雰囲気中では使用しないで下さい。

使用すると爆発災害を引き起こす可能性があります。

流体に異物の混入を避けて下さい。

流体に異物が混入しますと機器の動作が不安定となります。異物が混入すると予測される場合は流量計一次側にフィルタを挿入して下さい。

この安全上の注意を無視し、製品本来の使い方以外による責任は負いかねます。

本項をお読みの上、正しくご使用下さい。

その他

弊社製品には輸出令別表1の1~15項(リスト規制)に該当する製品が含まれます。該当品の場合は経済産業省による輸出許可が必要となり、許可された用途以外での使用は禁じられます。

リスト規制非該当品の場合でも、弊社製品は輸出令別表1の16項(キャッチオール規制)の貨物に該当する製品もあり、大量破壊兵器および通常兵器への使用または開発用途に使用される等の懸念がある場合、経済産業省の輸出許可が必要です。

JISの改訂について

国内で製造販売される製品は、JISマークが表示されなければいけません。しかし、製品によっては、JISマークが必要としないものについては、適用除外になっております。面積式流量計は、JIS-B-7551に規定されていますが、マスフローなどは、規定されていません。しかし、測定方法において、流量測定や器差試験方法は、JIS規格で規定されていますので、そのJISナンバーに適合しています。