技術情報|1 atm(大気圧)とゲージ圧について|東フロコーポレーション

技術情報

トップ > 技術情報 > NOTE.5

技術情報

技術情報トップへ

NOTE.5

1 atm(大気圧)とゲージ圧について


  • 流量計内に圧力がかかる場合とかからない場合とでは、流量に大きな差異が生じます。
  • 気体用流量計をご選択いただくときは、流量計内に負荷圧力としてかかる、ゲージ圧の大きさを決定する必要があります。

1 atmで製作する場合(fig A)


  • ニードル弁までは設定圧が加わりますので、それ以降の目盛管部は大気圧となり、流量計は1 atm仕様となります。

ゲージ圧(MPa(G))で製作する場合(fig B)


  • 目盛管、ニードル弁までは設定圧が加わり、流量計内部はゲージ圧がかかることになります。流量計はゲージ圧仕様となります。
  • この違いを良くご確認の上、機種のご選定をお願い致します。

  • スクリーンショット 2013-06-13 11.24.03.jpg

ご注意


  • MPa各圧力単位の後の(G)とは、ゲージ圧を表す略称です。
  • 流量計本体には略称を表示いたします。


お問い合わせ窓口


インデックス