会社情報|取り組み|東フロコーポレーション

トップ > 会社情報 > 取り組み

会社情報

会社情報トップへ

取り組み

紛争鉱物への対応


紛争鉱物とは


  • アフリカのコンゴ民主共和国及び隣接する周辺国で産出される、希少価値の高い下記の鉱物を指しています。
  • ※タンタル・タングステン・錫・金

背景


  • アフリカのコンゴ民主共和国を中心とした隣接する周辺国は、先進国で使用される希少価値の高い鉱物が産出されることから、鉱物資源をめぐる紛争が絶えず、虐殺や人権侵害が行われております。
  • 産出された鉱物の利益は、その紛争の資金源となっていることから、紛争鉱物の購入による資金提供をなくすために、コンゴ民主共和国及び隣接する周辺国からの紛争鉱物を使用しないように努めることが社会的責任になってきています。

紛争鉱物調達方針


  • 当社は上記のような状況を踏まえ、米国金融改革法1502条(通称ドット.フランク法)で規制されている、3TG:タンタル(Tantalum)・タングステン(Tungsten)・錫(Tin)・金(Gold)につきまして、コンゴ民主共和国及び隣接する周辺国で産出された3TGの不使用を基本方針として、サプライヤ―にはRMIで認証された製錬所から原料調達をするように要請するとともに、お客様からの紛争鉱物に対する調査に対して協力することを推進いたします。
  • コンゴ民主共和国及び隣接する周辺国
    • コンゴ民主共和国
    • コンゴ共和国
    • アンゴラ
    • ザンビア
    • タンザニア 
    • ウガンダ
    • 南スーダン
    • ルワンダ
    • 中央アフリカ共和国
    • ブルンジ

安全保障貿易管理について


  • 当社は、経済産業省の指導に基づいた安全保障貿易管理を行い、武器や軍事転用可能な貨物・技術が、我が国及び国際社会の安全性を脅かす国家やテロリスト等、懸念活動を行うおそれのある者に渡ることを防ぐことがグローバル事業を展開する企業の責務であると考え、コンプライアンスの一環として輸出管理体制を強化しております。貿易に関わる法令及び国際的な枠組みを遵守するため、製品の輸出や技術提供においては当社の「安全保障輸出管理規程」に基づき取引審査を行います。
  • お客様各位におかれましては何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。