技術情報|面積式(フロート式)流量計の補正について|東フロコーポレーション

技術情報

トップ > 技術情報 > NOTE.1

技術情報

技術情報トップへ

NOTE.1

流量計をご選定いただくまえに、下記をご覧のうえ本書をご活用下さい。

面積式(フロート式)流量計の補正について


  • 弊社カタログでの測定範囲は下記を基準とした流量で表示しています。
  • お客様がご使用になる仕様を弊社のカタログに適合させる際には、以下のように補正を行って下さい。
  • スクリーンショット 2013-06-13 9.26.40.jpg

気体の場合の条件補正式


  • ご使用になるガス比重、ゲージ圧力、温度が補正項目として必要です。
  • スクリーンショット 2013-06-13 10.00.47.jpg

  • ご注意
  • ■ゲージ圧力が1 atm の場合は(使用ゲージ圧力)を0として下さい。
  • ■ゲージ圧力はKg/cm2(G)に換算して代入して下さい。(1 Kgf/cm2(G)=0.098MPa)
  • ■ガス比重=ガスの密度÷1.293となります。

液体の場合の条件補正式


  • ご使用になる液体比重、フロートの比重が補正項目として必要です。
  • スクリーンショット 2013-06-13 9.59.45.jpg

  • ご注意
  • 粘性の異なる液体には、上式適用できません。
  • スプリング付流量計には、上式は適用できません。

  • 【代表的なフロート比重】
  • SUS316 7.98
    SUS304 7.93
    チタン 4.59
    PTFE 2.2
    PVC 1.4

  • ※マグネット埋め込みタイプには適用できません。

気体の場合の条件補正式(追記)


  • カタログ値(Air、1atm、20°C、ノーマル換算(N))の測定範囲と異なる条件で使用される場合、補正した測定範囲がご希望の機種で対応可能かどうかを確認します。ご希望の測定範囲から大きく外れる場合は選定機種を変更する必要があります。 また、既にご使用いただいているカタログ値商品を異なる条件で使用される場合も同様の補正計算にて正しい流量が導きだせます。
  • スクリーンショット 2013-06-13 9.44.17.jpg

比重補正項

  • スクリーンショット 2013-06-13 10.17.01.jpg

使用ゲージ圧力補正項

  • スクリーンショット 2013-06-13 10.17.17.jpg

温度補正項

  • スクリーンショット 2013-06-13 10.17.26.jpg


使用ガス比重 比重補正項
0.1 3.16
0.5 1.41
1 1
1.5 0.82
2 0.71
2.5 0.63






使用ゲージ 比重補正項
MPa(G) Kgf/cm2
1atm 0 1
0.1 1.02 1.41
0.2 2.04 1.72
0.3 3.06 1.99
0.4 4.08 2.22
0.5 5.1 2.44







使用温度(℃) 温度補正項
0 1.04
10 1.02
20 1
40 0.97
60 0.94
80 0.91


(例) : カタログ値で10~100NL/minの流量計は、比重(1.5)、圧力(0.2MPa(G))、温度(60℃)、の場合流量レンジはどのように変わるか。


  • 補正値=カタログ値 × 0.82 × 1.72 × 0.94
  • 13.3~133NL/min(比重1.5、0.2MPa(G)、60℃)となる。

  • 但し、実際の流量目盛の数値とは異なります。機種選定時の目安としてお考え下さい。
  • *(N2、1atm、20℃)はカタログ値通りで対応可能です。

お問い合わせ窓口


インデックス