液体用|フローコントローラ|FLC-E|東フロコーポレーション

Products information

製品情報

製品情報のトップへ

液体用流量計

フローコントローラ

FLC-E シリーズ

RoHS

FLC-E

download_a.gif


  • 「電磁流量計」、「比例制御ボールバルブ」、「コントローラ」がセットになった液体用
  • フローコントローラです。流路に可動部や障害物が無く、ボールバルブで流量調節
  • する為、ゴミ詰まりの心配が軽減されます。

デモ動画

1.デモ機構成/FLC-Eの制御がかかっていない状態の再現



2.パラメータモードによる流量設定



3. プリセットモードによる流量設定



4.外部アナログ入力モードによる流量設定




特徴

  • 電磁流量センサ内蔵型流量コントローラ
    • 電磁流量計を使用しているので、羽根車式やカルマン渦式に比べゴミ詰まりの心配が少なく、メンテナンスを低減できます。また、エアパージも行なえます。
  • 流量設定の各モード
    • 1.外部アナログ入力モードによる流量設定
      • 外部アナログ入力により設定流量の可変ができ、外部からの遠隔操作が可能。
    • 2.パラメータモードによる流量設定
      • 表示画面に入力した流量値を目標とし制御を行います。
    • 3.プリセットモードによる流量設定
      • 3本の端子の接続方法により、事前に設定した最大4種類の設定流量を簡易的に切替える事が可能。
  • 警報接点機能
    • 事前に設定した設定値(2点)を基準に接点にてON/OFFが可能です。
  • 制御のON/OFF機能
    • プリセット端子のON/OFFにて制御のON/OFFが可能です。電磁弁との併用により、全閉、設定流量を繰り返す様な高速応答を目的とした機能です。耐久性の向上に有効です。
  • アナログ出力機能
    • 流量に比例したアナログ信号出力により、外部流量監視が可能で、製品の歩留まり向上、不具合原因追及に貢献します。
  • バルブ不感帯機能
    • 必要以上にバルブを動かさなくする機能です。
    • バルブの耐久性向上や、省エネに貢献します。
    • 不感帯の幅も任意に調整可能です。
  • 詰まらない製品です。
    • 流路に可動部や障害物が無く、ボールバルブで流量調節する為、ゴミ詰まりの心配が軽減されます。
  • 直管部はいりません。flc-e_m.png
    • カルマン式は直管部を必要とする為、タイトなスペースに設置することが難しいですが、電磁式のFLC-E であれば狭いスペースでも簡単に設置が可能です

使用例

アルミダイカストの金型冷却水の管理に最適です。

  • 捨て打ちを自動化
    • 捨て打ち時に手動で冷却水をオフしているユーザーは、自動化が可能となり、ヒューマンエラーによる不具合を削減できます。
  • 流量制御により、品質のバラつきを低減
    • 複数のダイカストマシンへの冷却水供給を並列に行う場合、マシンの稼動状況により冷却水圧力が変動すると共に流量も変動します。FLC-E 導入により流量変動に伴う製品品質のバラつきを低減出来ます。

平日:3 台のダイキャストマシンはフル稼働

土日:1 台のダイキャストマシンのみ稼働

仕様


項 目 FLC-E010
FLC-E020
制御流量範囲 0.5 ~ 5L/min 1 ~ 10L/min 2 ~ 20L/min 5 ~ 50L/min 10 ~ 100L/min
オリフィス径 φ3.0 φ4.5 φ6.0 φ12.0 φ13.5
流体 WATER、その他冷却水等(導電率50μs/cm 以上の液体)
流量制御精度 ±5% of FS
制御圧力範囲 0.15 ~ 0.4MPa(G)、耐圧:0.5MPa(G)、必要差圧:0.15MPa
使用温度範囲 0 ~ 60℃(耐熱:80℃) 結露及び凍結なきこと。
入力 アナログ入力

設定流量値入力:設定流量を外部より遠隔操作可能

4-20mA

オプション:0-5V/1-5V

出力 プリセット入力

設定流量値入力:プリセット端子のON/OFF により設定流量の変更可能

設定流量値1 点+3 点(最大4 点の設定流量)

制御開始/ 停止入力:制御開始/ 停止により無駄なバルブ動作を防ぎ、設定流量値の変更も2 点可能

制御開始/ 停止+設定流量値2 点

電源
DC24V±10%、Max.450mA(待機時:約100mA)
接液部材質 SCS13、SUS304、SUS316L、PPS、PTFE(充填材入り)、FPM、HNBR


Adobe Readerをダウンロードする
カタログをご覧になるには、Adobe Reader(フリーソフト)が必要です。まだインストールされていない方は、お手数ですが左のリンクよりダウンロードしてください。